« シュリンクス | トップページ | 飛ぶ教室 »

2023年5月28日 (日)

研究不正

スタンフォード大学の学長であるMarc Tessier-Lavigneの研究不正が調査されていると聞いて、驚きました。

https://haklak.com/page_marc_tessier-lavigne.html

Marc Tessier-Lavigneは神経科学(とくに神経回路形成)のスター研究者で、私が研究をしていた頃もCell Nature Neuronに論文を連発していました。

その後、ロックフェラー大学の学長を経て、スタンフォードの学長になっていたんですね。このたび初めて知りました。

 

少し分野が違っていたので、彼の論文をまともに読んだことはなかったのですが・・

「ゴマカシ、マヤカシでのし上がった奴なんやろうな」というのが率直な感想です。

 

ちなみに、彼のポスドク時代のボスであるTom Jessellも神経科学のスター研究者でしたが、後年、セクハラでコロンビア大学を追放されています。

 

|

« シュリンクス | トップページ | 飛ぶ教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シュリンクス | トップページ | 飛ぶ教室 »